口唇ヘルペスが恋人にうつるリスクと対処する為に必要なマナー

2020年05月17日

口唇ヘルペスを発症しているのであれば、あらゆる行為が原因となって身近な人に病気をうつしてしまう可能性があるので、他の人を巻き込んでしまう事がないように注意しておかなければなりません。ヘルペスには口に症状があらわれるものと性器に症状があらわれるものがありますが、口に症状があらわれる場合は数多くの行動が原因でうつる可能性があります。生活を共にしたりスキンシップを行ったりする関係性の相手にうつしやすいので、恋人がいる場合は特に感染させる事がないように注意しておかなければなりません。この病気を発症している時に被害を拡大させないようにする事はマナーの1つだと言えるので、周りの人に感染させる事がないようにしてください。

口唇ヘルペスを発症している場合はオーラルセックスやキスで恋人に病気をうつしてしまう可能性がありますし、飲み物の回し飲みや箸の共用でも感染する可能性があります。他にも感染者が顔を拭いたタオルや使用している枕を一緒に使用する事でも感染する恐れがあるので、感染者の患部が触れてしまうものには注意しておかなければなりません。発症の疑いや自覚がある時は自分の患部が触れたものを恋人が使用してしまわないように、常に注意しておく必要があります。

ヘルペスウイルスに感染する原因の1つには性行為をあげる事ができるので、原因がはっきりと分からなければ恋人に不信感を抱かせる事になりそうだという理由から真実を話したくないと考える人が多いです。たしかに恋人に性行為が原因でヘルペスを発症したのではないかと疑われてしまえば、他の人との身体の関係を疑われる事にもつながるかもしれません。ですが、ヘルペスウイルスは子供から大人まで性行為がなくても感染する恐れがあるものなので、きちんとその事を説明した上で感染した事を恋人に話せば理解してもらう事ができるでしょう。恋人に隠していると発症を知らない恋人が感染する行為を行ってしまうかもしれないので、相手が感染して苦しむ事を防ぐ為にも発症した時には素直に事実を話すようにしてください。

口唇ヘルペスは感染しやすい病気だと言えるので、恋人にうつるリスクや対処方法について知っておく事が非常に大切です。大切なパートナーにつらい思いをさせてしまう事がないようにする為にも、自分が口唇ヘルペスを発症した時には感染させないように気を配るようにしてください。身近な場所にいる人は口唇ヘルペスに感染する確率が高まるので、うつしてしまう事がないように意識して生活するようにしましょう。