ヘルペスになったのかどうかを確認する為に知っておきたい症状の種類

2020年04月17日
落ち込んでいる男性

口や性器などに水ぶくれや赤いブツブツができた時はヘルペスを発症している可能性がありますが、病院を受診する前にどのような症状か把握したいという人も多いはずです。特に性行為が原因で感染してしまった場合は恥ずかしさがあって医療機関に行く事を躊躇ってしまう人がいますが、治療が遅れてしまうと悪化して入院が必要になるケースもあります。病院に行くべきかどうか迷っているのであれば、まずはヘルペスを発症した時にあらわれる症状と自分の身体に起こっている異常を比較してみてください。セルフチェックを行った時にヘルペスの可能性があると分かれば、病院で診察を受けてしっかりと治療を進めるようにしましょう。

この感染症に感染した時には男性も女性も似たような病状があらわれますが、感染した部位にむずがゆさや痛みを感じるようになります。数日中にかゆみがある赤いブツブツや水ぶくれが発生しますが、これが破れて潰瘍ができてしまい、場合によっては強い痛みや発熱を経験する事もあるでしょう。これらの症状と同時に、太ももやリンパ節に腫れや痛みが起こるようになります。口や肛門周辺、直腸に症状があらわれますし、男性の場合は亀頭や陰茎体部、女性の場合は外陰や膣、膀胱にまで症状があらわれる事があるので注意しておきましょう。口や性器などにブツブツやただれなどができてしまった時ヘルペスに感染している恐れがあるので、こういった症状があらわれた場合は感染を疑わなければなりません。

かゆさや痛みだけでは他の性病と区別がつかない可能性がありますが、これらの症状があらわれてから2日から10日前後の間にブツブツなどが生じるようになればヘルペスの可能性がかなり高いと言えます。太ももやリンパ節に腫れが見られる性病は他にもありますが、こういった症状が全て同時に起こった場合はヘルペスを発症しているケースがほとんどなので、適切な治療を進める事ができるようにしましょう。ヘルペスは比較的自分でも病名を判断しやすい病気の1つだと言えますが、初めて感染した時にはどのような病気か判断に自信を持てないという人もいるはずです。他の病気なのにヘルペスと間違えてしまえば適切な治療薬を用いる事ができずに症状が悪化してしまう可能性もあるので、確実に診断を行う為には医療機関を受診したり検査キットを使用したりするようにしてください。セルフチェックでヘルペスだと感じた場合は病院に行ったり治療薬を買ったりする事で、なるべく早く治療を進めていく事ができるようにしましょう。